News racoからのお知らせ

アーカイブ

racoの 読書会 vol.3

raco主催の読書会を、2017年9月10日(日)に、KIYOKO SAKATA studioにて開催いたします。
お誘い合わせの上、ご参加ください!

・・・・・

2017年9月10日(日)17時~19時
場所:KIYOKO SAKATA studio(那覇市壺屋1-4-4 1F 左)
定員:10名(事前申込/先着順)
参加費:500円

進行:岡田有美子(キューバの美術を研究中)

課題図書『キューバ紀行』堀田善衛(1966)  絶版ですが、集英社文庫の1995年版は古本で手に入りやすいです。

『キューバ紀行』は小説家・評論家の堀田善衛が、革命から約5年を経た1964年のキューバを訪れた際に書いたエッセイです。カストロ政権が産業や教育制度をどう立ち上げていったのか、フィデルの演説を引用しつつも旅人の目線で考えたことが記録されており、革命後の熱気も感じられるキューバの入門書です。芸術大学についての記述もあります。米国との国交回復、フィデルの死去を受け、今あらためて注目されているキューバ。地政学的な位置からみれば沖縄と近接する部分は多く、知れば親近感がわくかもしれません。現在のキューバの写真も見ながら、読み進めていこうと思っています。

主催:NPO 法人 raco
申込み・問い合わせ: racokinawa(at)gmail.com
(at)を@に変えて送信ください。

・・・・・

racoの読書会

約3年ぶりとなる美術家・松本力の来沖に合わせ、トークと作品上映会を行います。
一コマずつのドローイングと透過光を加えたビデオ撮影のアニメーションの制作で、絵による映像表現を目指しています。
異ジャンルのアーティストとのコラボレーションも多く、演劇、ダンス公演での上映や、「音楽家VOQ」のライブに参加し、
映像と音楽の音像空間表現を行うなど、活動の幅も多岐に渡ります。
今回は、学生の頃のお話から最近の主な活動についてお話し頂きます。

松本力 アーティストトーク+作品上映会

松本力 アーティストトーク+作品上映会

2017年8月5日(土)20時~21時半
会場:BARRAK 那覇市大道35-5
料金:一般1,000円/ 学生500円(1drink付)
定員:30 人(事前申込/先着)
協力:BARRAK

松本 力  MATSUMOTO Chikara

1967 年東京まれ。絵かき/映像(アニメーション)作家。東京在住。多摩美術大学美術学部グラフィックデザイン専攻卒業。主な展覧会に「大山アニメーションプロジェクト 2016」(鳥取県大山町)、「フクイ夢アート 2016」(新栄商店街 , 福井県 福井市)、「日仏合同美術展覧会 //TRANSITION うつりかわり //」(2016, Galerie FLUIDE, シェムリー城, ブロア, フランス )、「DA+C Festival / Warung Wayang」(2015, Penang State Museum,ジョージタウン,ペナン,マレーシア)、「夢の話」(2014, メキシコシティ)、「オバケとパンツとお星さま-こどもが、こどもで、いられる場所」(2013, 東京都現代美術館 )、「第 3 回恵比寿映像祭 デイドリーム ビリーバー !!」(2011, 東京都写真美術館 ) など。

作家HP http://chikara.p1.bindsite.jp/index.html

申込み・問い合わせ: racokinawa(at)gmail.com
(at)を@に変えて送信ください。

松本力 アーティストトーク+作品上映会フライヤー

raco(らこ) の 読書会 vol.2

raco主催の読書会を、2017年8月10日(木)に、KIYOKO SAKATA studioにて開催いたします。
お誘い合わせの上、ご参加ください!

・・・・・

2017年8月10日(木)19時~21時
場所:KIYOKO SAKATA studio(那覇市壺屋1-4-4 1F 左)
定員:15名(事前申込/先着順)
参加費:500円

進行:喜屋武盛也(沖縄県立芸術大学)

課題図書:イヴァン・イリイチ「コンヴィヴィアリティのための道具」(ちくま学芸文庫、2015 年、1,100 円+税)

ユニークな< 脱学校化> 論を展開したイリイチは、1980 年代に盛んに読まれた著述家です。
芸術のなかの制度にせよ、社会制度と芸術との関わりにせよ、
芸術を制度の面から考えてみることはいまなお重要な課題であるため、
その手がかりとしてこの著作を取りあげてみたいとおもいます。
イリイチは美術や芸術に言及してはいませんが、自立共生(コンヴィヴィアリティ)
を唱える彼の議論を当てはめてみたときに何が見えるのかを一緒に考えてゆきたいです。

主催:NPO 法人 raco
申込み・問い合わせ: racokinawa(at)gmail.com
(at)を@に変えて送信ください。

・・・・・

racoの 読書会 vol.2

下道基行アーティストトーク2017年7月17日

アーティストの下道基行氏をお呼びし、アーティストトークを開催いたします。
お気軽にご参加くださいませ。

下道基行アーティストトーク

日時:2017年7月17日(月祝)19時〜20時半
場所:tomari
料金:1000円(1drink付)
定員:30人(事前申込/先着)
参加方法:メールにて参加希望申し込みをお送りください→ メールを送信する

下道基行はここ数年、沖縄においてガラスの制作を行っている。
沖縄の工芸品として知られる琉球ガラスの歴史は意外に短い。
明治期に伝来したとされ、戦後は米軍が使用し廃棄されたコーラなどの瓶を材料に再生ガラスとして、
その呼び名とともに現在に至る。今はコーラ瓶にかわり泡盛の空き瓶が使われている。

土産物として目にする琉球ガラスだが、その背景には沖縄の戦後と密接に関わっていることがわかる。
下道はこうした従来の「見方」に気付きを促し、新たな「価値」を提示する。
海辺を歩きながら拾い集めた、この島に流れ着いた空き瓶にどんなストーリーを吹き込むのだろう。

最近仕事から、これまで手掛けたプロジェクトまで幅広い活動をお話しいただきます。

下道 基行 SHITAMICHI Motoyuki

1978年岡山生まれ。2001年武蔵野美術大学造形学部油絵学科卒業。日本国内の戦争の遺構の現状を調査する「戦争のかたち」、祖父の遺した絵画と記憶を追う「日曜画家」、日本の国境の外側に残された日本の植民/侵略の遺構をさがす「torii」など、展覧会や書籍で発表を続けている。フィールドワークをベースに、生活のなかに埋没して忘却されかけている物語や日常的な物事を、写真やイベント、インタビューなどの手法によって編集することで視覚化する。http://www.m-shitamichi.com

ブックパーリー2016OKINAWA のイベントで、那覇のカフェcelloにて読書会を開催いたします。
課題図書を事前に読んで、当日会場にて参加者のみなさんと本についてじっくりと話をします。
お気軽にご参加下さい。

・・・・・

2016年9月16日(金) 19時~21時
場所:cello(那覇市泉崎1-17-10)
定員:10名(事前申込/先着順)
主催:raco(reserch for arts and culture okinawa)
参加費:1000円・学生800円(ワンドリンクつき)
進行:仲宗根香織(小舟舎)・宮城未来(古書の店言事堂)
課題図書

・阿波根昌鴻「米軍と農民 沖縄県伊江島」

・澤地久枝「琉球布紀行」

申込み・問い合わせ:racokinawa(at)gmail.com
(at)を@に変えて送信ください。

・・・・・

 

photo:仲宗根香織

photo:仲宗根香織

日時:2016年2月5(金)19:00~20:30(予定)
場所:SAKATA KIYOKO studio
定員:30人(事前申込)←定員に達しましたので受付を終了します。
料金:1000円(1drink付)*学生200引 *当日200円増
参加方法:メール受付 racokinawa@gmail.com

 

上映作品:「The Ocean View Resort」(19分25秒)「A Romantic Composition / ロマン派の音楽」(21分15秒)
トーク:ミヤギフトシ×兼平彦太郎(キュレーター)×土屋誠一(美術批評家) 司会進行 町田恵美(raco)

 

13_The Ocean View Resort Video Still_3 《The Ocean View Resort》2013

 

 

セクシャル・マイノリティとしての自身のアイデンティティの揺らぎと沖縄の歴史を重ね、
政治的、歴史的観点を織り込みながら、文学的、音楽的感性によって綴る
アート・プロジェクト「American Boyfriend」からふたつの映像作品を上映します―

「The Ocean View Resort」はアメリカ人兵と沖縄人男性がフェンス越しに聴いたという
ベートーヴェン「弦楽四重奏15番 第三楽章」の調べとともに
『僕』から『Y』への淡い恋心と戦時中のやるせない想いが時空を超えシンクロします。

また「A Romantic Composition / ロマン派の音楽」では
沖縄人ピアニストとヴァイオリン弾きのアメリカ兵の交友を通し、
沖縄とアメリカという場所の持つ複雑な関係性を描きます。
フィクションと現実を行き交う幾つもの出来事が
シークエンスし織りなされる物語の一端として
この上映会から新たな繋がりが展開されることを期待します。

 

Profile

ミヤギフトシ

1981年沖縄生まれ。東京在住。20歳のときにアメリカに渡り、NYのプリンテッドマターに勤務しながら自身の作家活動を開始する。帰国後、青山のセレクトブックショップ「ユトレヒト」やアートブックフェア「THE TOKYO ART BOOK FAIR」のスタッフとしても活動しながら、創作を続ける。そのほかユリイカ、新潮、すばるなど文芸誌等へも寄稿をしている。主な展覧会に個展「American Boyfriend: Bodies of Water」@KCUA、堀川団地(2014)、グループ展に「他人の時間|TIME OF OTHER」東京都現代美術館、他3館巡回(2015~2016)、「日産アートアワード」BankART Studio NYK(2015)「愛すべき世界」猪熊弦一郎現代美術館(2015)などのほか3月からはじまる「六本木クロッシング」森美術館(2016)にも参加が決まっている。

 

兼平彦太郎
キュレーター。国際展事務局、展覧会スタッフを経て、インディペンデント・キュレーターとして活動を始める。ミヤギフトシ「American Boyfriend」プロジェクトを2013年より始動させる。主な企画に「THE ABC BOOK by Shimon Minamikawa」(2010)、「ホンマタカシ ニュー・ドキュメンタリー」金沢21世紀美術館、オペラシティアートギャラリー、丸亀市猪熊弦一郎現代美術館(2011-2012)、「荒木経惟 左眼ノ恋」三菱地所アルティアム(2014)、「アーティスト・イン・レジデンス 須崎:現代地方譚3」高知県須崎市(2015)など。

 

土屋誠一
美術批評家、沖縄県立芸術大学准教授。共著に『拡張する戦後美術』、『『美少女戦士セーラームーン』研究論集』、『キュレーションの現在』、『現代アートの本当の学び方』、『実験場 1950s』など。

2007年に沖縄県立博物館・美術館の開館記念展として開催された「沖縄文化の軌 跡1872-2007」と2008年に東京国立近代美術館で開催された「沖縄プリズム1872-2008」展。ふたつの展覧会を通して、それぞれの立場からみえる沖縄の美術の歴史について意見を交わしていただきます。両展をふりかえる作業によって浮かんでくる幾つかのことが、沖縄の美術を考えていく上での一助となり、今後の可能性を見出す機会になればと思います。
日時:2015年2月8日(日)10:00〜12:00(9:45開場)
場所:沖縄県立博物館・美術館 美術館講座室
    (那覇市おもろまち3丁目1-1)
ゲスト:翁長直樹(元沖縄県立博物館・美術館、美術館副館長)
鈴木勝雄(東京国立近代美術館主任研究員)

入場無料

 

翁長直樹:1951年沖縄県生まれ。琉球大学教育学部美術工芸科卒業。1995年から県立美術館建設担当として、2007年の開館以来携わり、2009年、同館副館長に就任。主な企画展として「沖縄戦後美術の流れ1,2」(1995)「沖縄文化の軌跡」(沖縄県立博物館・美術館開館記念展,2007)、「移動と表現」(2009)。アメリカ現代美術から沖縄戦後美術を中心に評論活動を展開。

 

鈴木勝雄:1968 年東京生まれ。東京大学大学院修士課程修了(美術史)。1998 年より東京国立近代美術館に勤務。専門は日本および西洋の近・現代美術。同館での企画展に「ブラジル ボディ・ノスタルジア」(2004年)、「沖縄・プリズム1872‐2008 年」(2008 年)や「実験場1950s」(2012 年)などがある。

 

主催 sima art labo
支援 沖縄県、(公財)沖縄県文化振興会
平成26年度 沖縄文化活性化・創造発信支援事業

問い合わせ先 sima art labo事務局
Mail:simaartlabo@gmail.com

混迷する政治状況や大きなお金の流れのある社会の中で芸術を続けていこうとする時、個人では太刀打ちできないことがあり、身の回りの小さなことから大きな問題まで、語ったり、過去のことを知ったり、一緒にご飯を食べたり、世代や派閥を越えて集える場所が必要になることがあります。韓国で研究空間スユ+ノモを立ち上げた李氏、大阪で自宅カフェ太陽や自主的な学びの場であるコモンズ大学を運営する経験を持つ渡邊氏をお招きし、お二人の活動を知ることから日々をどうにか乗り切っていくための場所づくりについて考えます。
日時:2月1日(日)18:00〜20:00(開場17:30)
場所: sima art labo事務所
( KIYOKO SAKATA studio内/那覇市壺屋1丁目4-4)
ゲスト:李珍景(スユノモN研究員)
渡邊太(社会学者)

入場無料

 

李珍景:<研究空間スユ+ノモ>という知識-共同体を作って活動し、今はそれの分化した共同体の一つである<スユノモN>で活動している。ソウル科学技術大学で哲学と文化・芸術論を教えている。<ノマディズム>、<コミューン主義>、<不穏なものたちの存在論>などの著書がある。

 

渡邊太:1974年大阪生まれ。大阪大学大学院人間科学研究科博士後期課程修了。2012年から大阪国際大学人間科学部心理コミュニケーション学科専任講師。専門は文化研究・宗教社会学。『現代社会を学ぶ―社会の再想像=再創造のために―』(共著、ミネルヴァ書房、2014年)などの著書がある。

 

主催 sima art labo
支援 沖縄県、(公財)沖縄県文化振興会
平成26年度 沖縄文化活性化・創造発信支援事業

問い合わせ先 sima art labo事務局
Mail:simaartlabo@gmail.com

沖縄県内における民間主導の新しい芸術・文化活動の拠点となるとともに、その活動を通じて地域活性化を試みた「前島アートセンター」。

2000年代の沖縄アートシーンに大きなインパクトを与え、県外や海外ともつながり発信していた10年間の活動について、オルタナティブスペース「バラック」を立ち上げた手塚太加丸氏が聞き手となり、初代理事長の宮城潤氏に伺います。

【日時】 2014年12月14日(日)18:00〜20:00(17:00開場)

*開始前に、関連資料の展示、映像上映を行います。

【場所】 那覇市若狭公民館 第1研修室

那覇市若狭2-12-1

【話し手】宮城潤(元NPO法人前島アートセンター理事長)

【聞き手】手塚太加丸(バラック主宰)
宮城潤:1972年生まれ。前島アートセンター理事、アートNPOリンク理事。沖縄県立芸術大学院修了(彫刻)。2000年「前島3丁目ストリートミュージアム」に参加したことをきっかけに実行委員長として前島アートセンター(MAC)設立に関わる。現在は、那覇市若狭公民館に務めながら、アートプロジェクトなどに関わる。

 

手塚太加丸:1990年屋久島生まれ。2013年沖縄県立芸術大学デザイン専攻卒業。2012年那覇市栄町にあるシェアハウス「ナハウス」を立ち上げる。2013年屋久島にて「しらこがえり」始動。2014年那覇市大道のスペース「BARRACK」の運営を行う。

2001 年に立ち上がった前島アートセンターは、沖縄県立 “現代” 美術館の建設計画が一旦停止していた当時、県内のアートシーンを盛り上げていく目的で、若手アーティストやビルオーナー、美術館建設準備室の学芸員たちが関わり立ち上げたものです。 戦後の美術館建設運動から前島アートセンター設立、沖縄県立博物館・美術館開館までの流れを、美術館企画展示アドバイザー、前島アートセンターの理事として関わりのあった、小林純子氏に伺います。
日時:11月9日(日)14:00〜16:00(13:45開場)
場所:沖縄県立芸術大学 首里当蔵キャンパス 一般教育棟1階 101教室
ゲスト:小林純子(沖縄県立芸術大学教授)
聴き手:宮城潤(元NPO法人前島アートセンター理事長)
入場無料

 

小林純子:東京都生まれ。成城大学大学院文学研究科美学美術史専攻博士課程前期修了。専門は日本近代美術史、沖縄美術工芸。東京都江戸東京博物館学芸員を経て、1999年沖縄県立芸術大学芸術学専攻へ赴任。沖縄県立博物館・美術館の建設準備に関わり、現在は美術館支援会happ理事。さらに前島アートセンターの理事として、沖縄の2000年代の美術動向を見続けてきた。

 

平成26年度沖縄文化活性化・創造発信支援事業
主催:sima art labo
支援:沖縄県、(公財)沖縄県文化振興会