Interview 一覧を見る

  • 石垣克子

    前島アートセンター

    1967年沖縄県生まれ。1991年沖縄県立芸術大学美術工芸学部美術学科絵画専攻卒業。近年の主な個展に、「Cork fun days 2018」(rat & sheep/沖縄、2018)、「基地のある風景」(eitoeiko/東京、2018)、「南の景から」(ギャラリーアトス/沖縄、2017)、「遠くに、近くに」(WHITE SPACE ONE/福岡、2017)、「春よ来い」(galleryラファイエット/沖縄、2016)、「大コルク展」(沖縄県立芸術大学芸術資料館/沖縄、2011)など。主なグループ展に、「マブニ・ピースプロジェクト沖縄2018」(沖縄、2018)、「3331アートフェア」(アーツ千代田3331/東京、2018)、「イチハナリアートプロジェクト+3」(沖縄、2017)、「はならぁと こあ」(奈良、2016)、「夢∞現代美術展」(浜田市世界こども美術館/島根、2012)、「黄金町バザール2008」(横浜、2008)など。

    ホワイトキューブから外に出る     仲宗根:石垣さんが前島アートセンターに関わるきっかけについて教えていただけますか。   石垣:まずは、前島アートセンターができる前に欠かすことのできない、前島三丁目ストリートミュージアムというアートイベントがありましたのでそのお話から始めます。前田比呂也さんから、高砂ビルというビルを使って、前島三丁目ストリートミュージアムというアート展を開催するから出してみませんか?という依頼があったと思うんです。その当時、私が初めて個展を行なったのが98年で、2〜3年個展を続けていたのですが、ギャラリーで展覧会...

  • 仲本賢

    前島アートセンター

    ■前島アートセンターでの活動 宮城)2000年代の沖縄...

  • 平良亜弥

    前島アートセンター

    ■前島アートセンターに入るきっかけ   ...

  • 秋友一司

    2000年代

    ■ギャラリーラファイエットについて (阪田清子)今日は、どう...

Report 一覧を見る

News 一覧を見る